注文住宅の参考に!モデルハウス見学のノウハウ

どのように見学すればよいのか

まずは予約をしておこう

モデルハウスを見学するにあたり、実際に現地に行く前に予約をしておくことをおすすめします。
特に、土日などの休日に行くことを検討している場合、当日は多くの他のお客様も足を運ぶ可能性があるでしょう。
そうなりますと、ゆっくりとモデルハウスの担当スタッフから話を聞くことができず、よくわからないまま1日を無駄にしてしまうかもしれません。

まだ、住宅を建てるにあたっての具体的なイメージをしておらず、とりあえず想像を膨らませたい、くらいの段階であれば予約せずに気軽に行くのもありでしょう。
しかしながら、すでに気になっているメーカーのモデルハウスに行くのであれば、予約をきちんとしておいた方が、スタッフの方も細かく真剣に話をしてくれますし、事前に資料なども取り揃えておいてもらえます。

見学当日の流れを学ぶ

モデルハウスを見学する際に、気になるのは当日どのような流れで進んでいくのかですよね。
まず、モデルハウスに着くと、受付のスタッフが室内のイスやソファに案内してくれて、そこでアンケートの記入をする場合がほとんどです。

アンケートの記入内容としては、名前や住所、電話番号や家族構成などの自分たちに関する基本情報の項目を記入するのが一般的です。
そしてその他に、住宅を購入するうえでの予算や、現在どのようなメーカーを検討しているかなどの、希望する物件に関する情報も書くことになるでしょう。

アンケートの記入後は、案内のスタッフが具体的に住宅を周りながら、設備や仕様の説明をしてくれます。
それが終わった後に、質問や相談などがあれば担当の方と話をすることが可能です。

メーカーなどにより違いもありますが、一般的にはモデルハウスに行くとこのような流れで見学をすることになるでしょう。