注文住宅の参考に!モデルハウス見学のノウハウ

モデルハウスのチェックポイント

家具のサイズなどをチェックしておこう

モデルハウスを見学する際には、実際にそこでの生活をイメージしながら見るのがおすすめです。
特に、家具の配置やバランスなどは参考になりますので、よく見ておくようにしましょう。

実際に、自分たちが使用する家具と、モデルハウスに置いてある家具はサイズが違う場合がほとんどです。
自分たちの家具を置いた場合に、十分なスペースが確保できるかなどは、きちんと事前に確認しておいた方がよいですね。
そのため、あらかじめ自宅にある家具のサイズを測っておくと、非常に効率よくモデルハウスを見ることができるでしょう。

また、カメラを持参しておくと、気になる点があれば記録として残しておけますので大変便利です。
モデルハウスの見学から時間が経つと、忘れてしまうことも多くありますので、ぜひ写真に残しましょう。

担当の方の人物像を見極める

モデルハウスに足を運んだ際にチェックしておきたいポイントは、住宅のことだけでは実はありません。
見学をするうえで、営業担当の方などが案内してくれますが、その方との相性を確認しておくのも大切です。

もしも、そのメーカーで家づくりをすることが決まった場合に、その後の担当も、見学時についてくれた方が継続される場合が多いようです。
家づくりは、打ち合わせから実際に住宅が完成するまで、意外と長い期間をかけて行うものです。
その長い期間、何度も担当の方と顔を合わせることになるわけですから、信頼できる人物かどうか、また、自分にとって付き合いやすい人かどうかを確かめておくことは重要です。

もちろん、実際の家づくりは別の方が担当になることもありますが、同じ会社の人間なわけですから雰囲気などは似ていたりもします。
そのメーカーがどういう会社なのかを知るという意味でも、担当の方のことはよく見ておきたいものです。